アローレ八王子
OFFICIAL WEBSITE OF
Arawore Hachioji

【U-15】「アローレらしさ」

「アローレらしさ」

選手一人一人が色んな想いと覚悟で入団したアローレというクラブチームで何を学び、何を得るか。

決してボールを蹴っているだけではない。

サッカーを通して、集団スポーツを通して、勝ち負けの勝負を通して、
たくさんの事を学んでいる。

それは机上では得られない経験と成長。

だからこそ熱い3年間にしてほしい。

覚悟が足りない選手は甘える。
サッカーだけではなく、やらなければいけない勉強にしても同じく。

サッカーに熱くない選手は、勉強も熱くない。

(毎週の練習前の勉強会の様子)

人によって、環境によって、使い分けをする
やるべき時に頑張れない選手は次のステージでは人として通用しない。

アローレでは、全学年で練習することもある。
2学年合同で練習もする。

「与えられたことを、与える」

いい姿は響く。継ながる。
上の学年が培ってきた、鍛えられてきたアローレらしさを下の学年に与える。

特別な事はなく、優れた力でもない。
当たり前のことを当たり前に
自分達がやれることを全力でやる

その直向きな姿を下の学年にはどう映るか。

公式戦シーズンで緊張感のある三年生を見て、何を感じ、何を思うか、

結果だけではない。
大事なのは「本気」で取り組むこと。
「本気」でぶつかってみること。
「本気」で怒られること。
「本気」で悔しがること。
「本気」で喜ぶこと。

その「本気」がどれだけあるかが人としての逞しさに繋がる。

「本気」をぶつけてみて負けることもある。それが勝負の世界。

その経験が選手を強くする。
選手を豊かにする。
「本気」で戦った仲間が財産になる。
「本気」でなければなにも残らない。

いずれくる自分達の番。

越える覚悟はあるか?

アローレの歴史を変えられるか。

熱い、三年間に!!!

– 中野 –